INFO

基本情報

氏    名: 田中 隆一 <たなか りゅういち>

回卒(卒年): 37回卒(平成2年卒)

職    業: 弁護士(福岡県弁護士会所属)

ホームページ:

PROFILE

卒後略歴

平成 7年 福岡大学法学部法律学科卒業

平成18年 福岡大学法科大学院卒業 司法試験合格

平成19年 最高裁判所司法研修所修了 / 弁護士登録(福岡県弁護士会所属) / 福岡大学法科大学院アカデミックアドバイザー就任

COMMENT

コメント

ー 学生時代の思い出

私は,片道2時間近くかけて学校に通っていたので,通学するので精一杯でした。三年生になったばかりの頃,体調がすぐれず学校を休みがちになった時期がありましたが,担任の和田先生に度々激励していただき,何とか卒業することができました。親身になって面倒をみていただいたことを,今も感謝しています。先生方は,とにかく規律には厳しかったですが,情に厚い方ばかりでした。授業は,先生ごとに個性が強く表れていて,今でもよく覚えています。ご自身の高校時代の体験談を話してくださる先生が多く,励みになりました。

 

ー 大濠高校卒業後

福岡大学へ進学した当初は教職を目指していましたが,大学で法律を学ぶうちに法曹を志すようになりました。大学を卒業した後,紆余曲折ありましたが,福岡大学法科大学院を経て法曹資格を得ることが出来ました。福岡大学には,高校から大学院まで一貫して指導していただいたことになります。

 

ー 弁護士の仕事

弁護士というと,裁判ばかりやっているように思われがちですが,実際は違います。弁護士によって割合に差はありますが,裁判で決着を図ることより,裁判外で紛争を収めることの方がはるかに多いです。弁護士は,依頼者にとって最善の解決方法を示す責任があります。そして,裁判は,依頼者にとって,時間的,経済的,心理的に大きな負担になるのです。もちろん裁判手続をとらざるを得ない場合もありますが,弁護士は,裁判手続に入った後も裁判外の解決を模索し続けます。ときには創造的に解決方法を編み出していかねばなりません。そのためには,幅広い分野の知識をもち,かつ,その知識を最新のものに更新し続けることが必要です。本当に大変な仕事ですが,依頼者の将来を左右する大切な仕事で,非常にやりがいがあります。

 

ー 今後の活動

私が弁護士として活動できるようになったのは,高校,大学,大学院のすべての課程で,すばらしい先生方に導いていただいたおかげです。今後は,福岡大学に恩返しをしていきたいと思っています。

弁護士としては,幅広い案件に対応できるよう日々研鑽を積み,地域社会に貢献する活動をしていきたいと思っています。

 

ー 在 校 生 へ

 現状に満足すると人間の成長は止まります。我以外皆我師,常に謙虚な気持ちで前進を続けてください。

CONTACT

各種お問い合わせ

ホームページ内各コンテンツへの掲載のご依頼、会員情報変更の受付、協賛や広告のお申し込みなど、大濠大同窓会へのお問い合わせはこちらからよろしくお願いします

福岡大学附属大濠高等学校同窓会

福岡市中央区六本松1丁目12番1号

TEL:092-714-1681 / FAX:092-406-8301